接続詞(thatの用法)

※)主語、動詞、補語、目的語って?と思われた方は、まず「Get you !! English !! わかりやすい英文法」で学習してくださいね。

「私は、彼が無実だと知っている」を英語になおしてください。

スポンサード リンク



1.日本語を英語に直すには、まずは主語、動詞、目的語、補語を見つけるのでした。

主語は「私は」ですね。
これは、「誰が」知っているのかを考えるとわかります。

では、私は、「何を」知っているのでしょうか?
「無実だと」知っているのでしょうか?
「彼が無実だと」知っているのでしょうか?

もちろん、私は、「彼が無実だと」知っているのですね。
よって、目的語は、「彼が無実だと」です。

よって、残った「知っている」が動詞です。

よって、この文は以下のようになります。
「主語+目的語+動詞」=「私は+彼が無実だと+知っている」


2.次に英語の語順になおして、それぞれを英語になおすのでした。

英語の語順になおすと「主語+動詞+目的語」です。
よって「私は+知っている+彼が無実だと」の語順になります。

それぞれを英語になおすと以下のようになります。

私は→I
知っている→know
彼が無実だと→??

では、「彼が無実だと」の部分をどうやって、英語になおせばいいのでしょうか?

「彼は無実だ」を英語になおすと「He is innocent.」です。

私は→I
知っている→know
彼が無実だと→he is inncent.


よって、答えは、「I know he is innocent.」なのでしょうか?
間違えではありませんが、ここで少し覚えておいて欲しいことがあります。

それは「he is inncent」の前に、「that」を入れる必要があるということです。
※)thatは省略されることもあります。


なぜ、「that」を入れる必要があるのでしょうか?


もし、「that」をなくして「I know he is innocent.」という文にしてしまうと、主語が「I」なのか、「he」なのか、動詞も「know」なのか、「is」なのか、すぐには、わからないですよね。そこで、「he is inncent.」の部分は、まとめて「目的語」なんだよというマークである「that」を入れてやるのです。

よって、答えは、「I know that he is innocent.」になります。


少し、説明が難しいですよね。
そこで、下を覚えてしまってください。
そうすると、楽に問題を解けます。

I know【that 主語+動詞+〜】=私は【主語が動詞〜】ということを知っている。
I think【that 主語+動詞+〜】=私は【主語が動詞〜】だと思う。

※)【 】の部分が目的語となっています。


英文法から攻略〜英会話・英語を極めるのトップページに戻る

SEO [PR] 住宅ローン フラワーギフト 必勝祈願 冷え対策 動画 無料レンタルサーバーSEO