ランダム英文法1

英文法の練習問題を、ランダムに出題しています。
ランダムで出題されているので、真の実力が試されます。
もし、解けないところがあれば、基本が固まっていない証拠なので、下記で紹介している英文法の参考書や、当サイトの英文法のレッスンで復習してください。
ちなみに、いきなり解答を見るのは控えてください。わからなくても、一度、自分で考えることが重要です。また、その際、何かいらない紙に解答を書くといいですよ。

問題1〜5

( )の日本語に当る英単語を入れてください。
1.Ken gave a present (前置詞) him.
2.He (持っている) a pen.
3.He (走っている).
4.He must (勉強する)English.
5.He (できる) speak English.

問題6〜10

( )の日本語に当る英単語を入れてください。
6.I know (運転の仕方)
7.(泳ぐな)in this river.
8.(ある)an apple.
9.(ある)apples.
10.Do you have (たくさんの) books.

問題11〜15

( )の日本語に当る英単語を入れてください。
11.We have (たくさんの)rain.
12.Stop(見ること)TV.
13.I stop(話すために).
14.I know a boy (関係代名詞)likes sports.
15.He told me (前置詞) wash the car.

問題16〜20

( )の日本語に当る英単語を入れてください。
16.He (読んでしまった)this book.
17.She (話せなかった)English.
18.I (したい)buy a new dress.
19.He (なるだろう)a doctor.
20.I stayed home (〜のために)the snow.

問題21〜25

( )の日本語に当る英単語を入れてください。
21.The dog (走っているところだった)
22.I met a boy (関係代名詞)hair is black.
23.I am (トムより背が高い)
24.The book (上の:前置詞) the table is mine.
25.The letter (彼によって書かれた)

問題26〜30

( )の日本語に当る英単語を入れてください。
26.My hobby is (歌うこと) a song.
27.This is a window (彼によって壊された)
28.The girl (歌を歌っている) is Nancy.
29.I (中国に2度行ったことがある)
30.(何) is this?

スポンサード リンク


ランダム英文法1の解答

それでは、ランダム英文法の解答です。
どの問題が間違えていたというだけではなく、なぜ、間違えているのかまで、しっかり理解することが重要です。

問題1〜5の解答

<ポイント>
★第四文型★
「主語+動詞+目的語1+目的語2」→「主語+動詞+目的語2+前置詞+目的語1」。giveの場合、toを使うのでした。

★三人称単数現在★
主語が三人称単数現在の時は、基本的には、動詞に「esまたはs」をつけるのでしたが例外もありました。haveは例外でhasになりました。

★現在進行形★
現在進行形にするには、基本的には動詞にingをつければよかったのですが、例外もありました。runはnを重ねてingでした。

★助動詞★
助動詞の後には必ず動詞の原形を持ってくるのでした。

★助動詞★
「〜できる」というのは「can」でした。

1.to
2.has
3.is running
4.study
5.can

問題6 〜10の解答

<ポイント>
★不定詞★
「how to〜」で「〜の仕方」と訳すのでした。

★否定の命令文★
Don't〜で否定の命令を示すのでした。

★There is構文★
There is +名詞の単数形で、「〜がある」と訳すのでした。

★There are構文★
There are +名詞の複数形で、「〜がある」と訳すのでした。

★形容詞★
数えられる名詞には、「many」を使うのでした。

6.how to drive.
7.Don't
8.There is
9.There are
10.many

問題11 〜15の解答

<ポイント>
★形容詞★
数えられない名詞には、「much」を使うのでした。

★動名詞★
stopは動詞のing形しか使えません。

★不定詞★
stop+to〜形の時は、「〜するためにやめる」と訳すのでした。
※)stop+to〜形の時は、「〜ことをやめる」と訳せません。

★関係代名詞★
先行詞が人なので、「who」を使います。

★不定詞★
「tell A to 〜=Aに〜を言う」と訳すのでした。

11.much
12.watching
13.to talk
14.who
15.to

問題16〜20の解答

<ポイント>
★現在完了形★
「have+動詞の過去完了形」=1.〜してしまった、2.ずっと〜している、3.〜したことがある」と訳すのでした。

★現在完了形
一般動詞(過去形)の否定は、「didi not=didn't」でした。

★不定詞★
「want to 〜=〜したい」と訳すのでした。

★未来形★
willは、「〜するだろう」と訳すのでした。
※)be going toも、「〜するだろう」と訳しますが、willと違い近い未来を示すのでした。

★前置詞★
because ofは「〜のために」と訳すのでした。

16.has read
17.wasn't able to speak
18.want to
19.will be または、will become
20.because of

問題21〜25の解答

<ポイント>
★過去進行形
「be動詞の過去形+動詞のing形」で「〜しているところだった」と訳すのでした。

★関係代名詞
先行詞が人で、所有格の部分が省略されているので、whoseを使用します。

★比較級
「比較級+than〜」で「〜より...」と訳すのでした。

★前置詞★
接して上にある場合は、「on」を使用するのでした。

★受動態
「be動詞+過去分詞」で「〜される」と訳すのでした。

21.was running
22.whose
23.taller than Tom.
24.on
25.was written by him

問題26〜30の解答

<ポイント>
★不定詞の名詞的用法または動名詞
「to〜」や「動詞のing形」は「〜すること」と訳すのでした。

★過去分詞
動詞の過去分詞は1語であれば名詞の前に、2語以上なら動詞の後にもってきて、「〜された+名詞」と訳すのでした。

★分詞
動詞のing形は1語であれば名詞の前に、2語以上なら動詞の後にもってきて、「〜している+名詞」と訳すのでした。

★現在完了形(経験)
「have+動詞の過去分詞」で「〜したことがある」と訳しました。

★疑問詞
「何」はwhatで表すのでした。

26.to sing、singing
27.broken by him
28.singing a song
29.have been to China twice.
30.What

英文法から攻略〜英会話・英語を極めるのトップページに戻る

SEO [PR] 住宅ローン フラワーギフト 必勝祈願 冷え対策 動画 無料レンタルサーバーSEO