不定詞の名詞的用法

※)主語、動詞、補語、目的語って?と思われた方は、まず「Get you !! English !! わかりやすい英文法」で学習してくださいね。

人や物などの名前を「名詞」というのでした。
しかし、人や物などの名前以外にも「名詞」はありました。何でしたっけ?

そうですね。「動詞」に「こと」をつけたものですね。例えば、「走る(動詞)→走ること(名詞)」のように、「動詞」に「こと」をつければ、名詞に変わるのでした。

さて、この「走ること」を英語になおしてみてください。

スポンサード リンク



「走る」は「run」です。「こと」にあたる英単語は「to」でした。よって、「走ること」は「run to」になる!と思いましたか?

違いましたよね。
「to」は必ず動詞の前に持ってくるのでした。

よって、走ることは「to run」になります。


さて、話は変わります。
英語では、長いものや、ややこしいものはすべて後に持っていって、結論から先に言う言葉なのでした。

日本語と英語の文を比べてみると明らかにわかります。

(日本語のイメージ)「私のおじさんは私が空港で見た女性と結婚した。」
(英語のイメージ)「私のおじさんは結婚した、女性と、そして、その女性を私は見た、空港で。」


この文を見ると英語の文では、長いものや、ややこしいものはすべて後に持っていって、先に結論から述べていることがわかりますよね。

例えば、「To teach English is difficult.」という文に注目してください。

この文の主語は、「To teach English」、
動詞は、「is」、
補語は、「difficult」です。

訳すと、「英語を教えることは難しい」になります。

この文では明らかに、「主語」の部分が長いですよね。
この文のように主語にある「to〜」が長い場合、英語では、その「to〜」を後に持っていくのです。

「■ is difficult」「to teach English」

そして元々「to teach English」のあった部分(■の部分)に、「It」を持ってくるのです。

つまり、「To teach English is difficult.」
=「It is difficult to teach English」になります。

<<<まとめ>>>
「to〜」を見たら、下の訳になります。

1.「〜すること」
2.「〜するための」「〜すべき」
3.「〜するために」
4.単なる前置詞の「to」


英文法から攻略〜英会話・英語を極めるのトップページに戻る

SEO [PR] 住宅ローン フラワーギフト 必勝祈願 冷え対策 動画 無料レンタルサーバーSEO