聴力を鍛えるリスニング教材

日本語と英語では、「音域(周波数)」が違うので、日本人は、高い音域が多い英語の音を聞き取るのが苦手です。
なので、いくらリスニングの勉強をしても上達しない人がいるわけですね(参考:2タイプあるリスニング教材(No.34))。

そこで、英語の中でも高い音域のものを聞き取れるように訓練できるリスニング教材で、聴力を訓練する必要があります。

このタイプのリスニング教材は、このような目的で制作されているために、いくらリスニングを勉強しても聞き取れない音があると思っている人に、特にお勧めです。

ちなみに、このタイプのリスニング教材は、同じ目的で制作されているので1つ買えば十分です。
また、既に、リスニング能力がある人が試しても効果はないでしょうし、これを聞けば英語ができるようになるというわけでもありません。
あくまで、高域の英語に対応できる「耳」を作るために必要なリスニング教材です。

英文法から攻略〜英会話・英語を極めるのトップページに戻る

SEO [PR] 住宅ローン フラワーギフト 必勝祈願 冷え対策 動画 無料レンタルサーバーSEO